JCOGの基本情報 > 研究実績 > 脳腫瘍グループ

JCOGの基本情報脳腫瘍グループ

更新日:2018年4月9日

  1. 論文
    1. 委員会承認の治療研究
      S Shibui, Y Narita, J Mizusawa, et al.: Randomized trial of chemoradiotherapy and adjuvant chemotherapy with nimustine (ACNU) versus nimustine plus procarbazine for newly diagnosed anaplastic astrocytoma and glioblastoma (JCOG0305). Cancer Chemother Pharmacol. 71: 511-521, 2013.
      T Wakabayashi , A Natsume, J Mizusawa, et al.: JCOG0911 INTEGRA study: a randomized screeing phase II trial of interferonβplus temozolomide in comparison with temozolomide alone for newly diagnosed glioblastoma. J Neurooncol. 138: 627-636, 2018.
      T Kayama, S Sato, K Sakurada, et al.: Effect of surgery with salvage stereotactic radiosurgery versus surgery with whole-brain radiation therapy in patients with one to four brain metastases (JCOG0504): a phase III, noninferiority, randomized controlled trial. J Clin Oncol. Jun 2018. [epub ahead of print]
    2. グループ代表者管理の治療研究
      なし
    3. 附随研究等
      なし
      その他
    4. 総説・解説
      嘉山孝正: 転移性脳腫瘍の治療戦略.吉田純、斎藤清編.脳神経外科の治療戦略と成績 - 前方視的調査2003-2004. 医学書院. 2005.
      佐藤慎哉、嘉山孝正: 転移性脳腫瘍に対する臨床試験.脳神経外科速報. 15: 937-942, 2005.
      渋井壮一郎: 悪性脳腫瘍治療の新しい展開 化学療法の新展開.Jpn J Cancer Chemother. 32: 441-447, 2005.
      渋井壮一郎、宮北康二、大西晶子、他: 星細胞腫grade3/4に対するACNU vs ACNU+PCZによる第II/III相試験(JCOG0305臨床試験). Neuro-Oncology. 15: 50-53, 2005.
      渋井壮一郎: 悪性グリオーマに対する化学療法ー大規模臨床試験とテーラーメイド治療ー. Jpn J Neurosurg. 15: 3-9, 2006.
      渋井壮一郎: 脳腫瘍に対する新しい治療. 医学のあゆみ. 222: 953-954, 2007.
      成田善孝、渋井壮一郎: 新しい神経疾患の動き.グリオーマ.脳神経外科ジャーナル. 25: 1242-1246, 2007.
      永根基雄: 悪性神経膠腫の化学療法. No Shinkei Geka. 35: 433-450, 2007.
      Y Narita, S Shibui: Strategy of surgery and radiation therapy for brain metastases. Int J Clin Oncol. 14: 275-280, 2009.
      S Shibui: Treatment of metastatic brain tumors. Int J Clin Oncol.14: 273-274, 2009.
      M Nagane: Recent progress in Neuro-oncology. J Jpn S Clin Oncol. 46: 1344-1347, 2011.
      中洲庸子、三矢幸一: 転移性脳腫瘍. 日本臨牀 新時代の脳腫瘍学. 68: 577-582, 2011.
      三矢幸一、中洲庸子、堀口聡士、他: 少分割定位放射線治療 〜転移性脳腫瘍に対する適応・線量分割法・治療成績の検討〜. 定位的放射線治療. 15: 1-6, 2011.
      永根基雄: 神経膠腫と中枢神経系原発悪性リンパ腫に対する化学療法. 杏林医学会誌. 43(4): 151-168, 2012.
      Y Narita: Current knowledge and treatment strategies for grade II gliomas. Neurol Med Chir. 53(7): 429-437, 2013.
      M Nagane: Dose-dense temozolomide – Is it still promising? Neurol Med Chir (Tokyo). 55: 38-49, 2015. doi: 10.2176/nmc.ra.2014-0277, online December 20, 2014.
      中洲庸子、三矢幸一、林央周、他: Ⅵ 腫瘍性疾患 -転移性脳腫瘍-.別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ№28神経症候群(第2版)その他の神経疾患を含めて. 3: 445-449, 2014.
      木下学、橋本直哉、吉峰俊樹: 長期的予後を視野に入れたグレード2のグリオーマに対する多角的治療戦略−現時点における最良の治療選択. 脳神経外科速報. 25(10): 1083-1088, 2015.
      中洲庸子: 長期的予後を視野に入れた悪性リンパ腫に対する多角的治療戦略 -現時点における最良の治療選択-. 脳神経外科速報. 25(11): 1193-1204, 2015.
      中洲庸子: 転移性脳腫瘍.太田富雄 総編集 「脳神経外科」 改訂12版.金芳堂. 2: 1807-1825, 2016.
      中洲庸子:転移性脳腫瘍.田村晃ら編集 「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」 第4版.メジカルビュー. 210-216, 2016.
      中洲庸子:転移性脳腫瘍の新しいガイドライン:集学的治療における意義.癌の臨床. 62(2): 49-54, 2016.
      中洲庸子、三矢幸一、林央周: 脳腫瘍Update(11) Metastatic brain tumors(転移性脳腫瘍). 脳神経外科. 44(10): 881-895, 2016.
      市川智継: BCNU wafers─脳腫瘍の化学療法─.日本臨床 増刊号 脳腫瘍学─基礎研究と臨床研究の進歩─. 74(Suppl 7): 650-653, 2016.
      武笠晃丈: 上衣系腫瘍 グリオーマ治療のDecision Making. 脳神経外科診療プラクティス. 文光堂. 59-63, 2016.
      永根基雄:星細胞腫系腫瘍. in 脳神経外科学II [改訂12版].太田富雄(総編集). 金芳堂. 1463-1532, 2016.
      永根基雄: 悪性リンパ腫. In EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 第4版. 田村晃、松谷雅生、清水輝夫、辻貞俊、塩川芳昭、成田善孝(編). メジカルビュー社. 126-136, 2016.
      西川亮、杉山一彦、他. 脳腫瘍診療ガイドライン 2016年版. NPO法人 日本脳腫瘍学会編. 金原出版. 2016.
      林央周、三矢幸一、中洲庸子: 転移性脳腫瘍診療ガイドライン. 脳神経外科速報. 27(1): 48-54, 2017.
  2. 学会発表
    1. 委員会承認の治療研究
      S Shibui, T Kayama: A clinical trial for metastatic brain tumors in Japan (JCOG 0504). 17th Joint Congress of Asia & Pacific Federations & 53rd Annual Congress of the Japan Section. Jun 2006.
      渋井壮一郎、嘉山孝正: シンポジウム 悪性グリオーマの定位放射線治療.悪性グリオーマに対する多施設共同試験 -JCOG脳腫瘍グループの活動- 第15回日本定位放射線治療学会. 2006年7月.
      渋井壮一郎: シンポジウム19 悪性脳腫瘍に対する新規治療の展望.悪性脳腫瘍に対する化学療法の展望. 第44回日本癌治療学会総会. 2006年10月.
      渋井壮一郎: JCOG脳腫瘍グループによる多施設共同臨床試験. 第24回日本脳腫瘍学会. 2006年10月.
      嘉山孝正: 転移性脳腫瘍に対するSRS・SRTの展望-世界標準の転移性脳腫瘍治療プロトコール. 第44回日本癌治療学会総会. 2006年10月.
      渋井壮一郎: 星細胞腫grade 3・4に対するランダム化第II/III相試験(JCOG 0305)結果. 第25回日本脳腫瘍学会. 2007年12月.
      S Shibui: A clinical trial for metastatic brain tumors in Japan (JCOG 0504). 17th Joint Congress of Asia & Pacific Federations & 53rd Annual Congress of the Japan Section. Jun 2007.
      S Shibui: Clinical trials for malignant gliomas in Japan. 2007 Samsung International Brain Tumor Symposium. Sep 2007.
      S Shibui: A ranodmized controlled study for malignant gliomas by JCOG-Brain Tumor Study Group. 5th Meeting of The Asian Society for Neuro-oncology. Nov 2007.
      S Shibui, JCOG-Brain Tumor Study Group: The result of a clinical trial for malig- nant gliomas by JCOG-Brain Tumors Study Group(JCOG0305).
      The 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-oncolgy jointly with the 6th meeting of the Asian society for Neuro-Oncology. May 2009.
      渋井壮一郎、他: 星細胞腫grade3/4に対する第II相臨床試験(JCOG0305)における病理中央診断の意義. 第27回日本脳腫瘍病理学会. 2009年5月.
      渋井壮一郎、他: 星細胞腫grade 3/4に対するランダム化第II相試験(JCOG 0305)結果. 第68回日本脳神経外科学会総会. 2009年10月.
      渋井壮一郎、嘉山孝正、隈部俊宏、他: 星細胞腫grade 3・4に対するランダム化第II相試験(JCOG 0305)最終結果. 第27回日本脳腫瘍学会. 2009年11月.
      S Shibui, T Kayama, T Wakabayashi, et al.: Clinical trials for malig- nant brain tumors conducted by JCOG- Brain Tumor Study Group Clinical. The 15th Annual Scientific Meeting of the Society for Neuro-Oncology. Nov 2010.
      S Shibui, JCOG-Brain Tumor Study Group: Clinical trials conducted by JCOG-Brain Tumor Study Group. The 8th Annual Meeting of Asian Society for Neuro-Oncology. May 2011.
      村垣善浩、丸山隆志、隈部俊宏、他: 退形成性神経膠腫に対するACNU先行再発時テモゾロミド療法を テモゾロミド療法と比較するランダム化第III相試験(JCOG1016). 日本脳神経外科学会第73回学術総会. 2014.
      成田善孝、宮北康二、江場淳子、他: JCOG 脳腫瘍グループ 残存腫瘍のあるびまん性星細胞腫に対する照射単独治療とテモゾロミド併用放射線療法を比較するランダム化第Ⅲ相試験(JCOG1303). 日本脳神経外科学会第73回学術総会. 2014.
      成田善孝、渋井壮一郎、嘉山孝正、他: 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)脳腫瘍グループによる臨床研究の目的と成果. 第35回日本脳神経外科コングレス総会. 2015.
      R Nishikawa: Neuro-Oncology in Japan. The 12th Asian Society for Neuro-Oncology. Sep 2015.
      西川亮: JCOG総括. 第20回日本脳腫瘍の外科学会. 2015年9月.
      永根基雄、小林啓一、水澤純基、他: 再発膠芽腫に対する用量強化テモゾロミド-ベバシズマブ逐次併用療法:新規多施設共同ランダム化第III相試験JCOG1308.第74回日本脳神経外科学会学術総会. 2015年10月.
    2. グループ代表者管理の治療研究
      渋井壮一郎: 悪性脳腫瘍治療におけるEBM Japan Clinical Oncology Group(JCOG)脳腫瘍研究グループの活動. 第62回日本脳神経外科学会総会. シンポジウム-8. 日本発の脳神経外科領域EBM. 2003年10月.
      渋井壮一郎: 放射線治療. 第63回日本癌学会総会. シンポジウム. 悪性脳腫瘍に対する新しい治療戦略. 2004年9月.
      渋井壮一郎、JCOG脳腫瘍研究グループ: 悪性脳腫瘍に対する多施設共同試験:JCOG脳腫瘍研究グループの活動. 第63回日本脳神経外科学会総会. シンポジウム「脳外科領域の大規模試験の現状と将来」. 2004年10月.
      渋井壮一郎、淺井昭雄、嘉山孝正、他: 星細胞腫Grade34に対するACNU単独療法とProcarbazine+ ACNU併用療法とのランダム化第II/III相多施設共同試験. 第22回日本脳腫瘍学会. 2004年10月.
      S Shibui: Randomized controlled trial on malignant gliomas by Japan Clinical Oncology Group-Brain Tumor Study Group (JCOG-BTSG). 3rd Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology. Nov 2004.
      渋井壮一郎: 悪性脳腫瘍:標準化治療と治療抵抗性への挑戦.化学療法(標準治療とテーラーメイド化学療法の最新知見). 第25回日本脳神経外科コングレス. 2005年5月.
      嘉山孝正: 標準医療の意義と解釈ー外科の立場から. 第25回日本脳神経外科コングレス. 2005年5月.
      S Shibui, The members of JCOG-Brain Tumor Study Group: Randomized controlled trial on malignant gliomas by JCOG-Brain Tumor Study Group (JCOG-BTSG). The 15th Annual Meeting of Korean Brain Tumor Society. Jul 2005.
      渋井壮一郎: グリオーマに対する化学療法のevidence: JCOG studyを踏まえて. 第64回社団法人日本脳神経外科学会総会. 2005年10月.
      嘉山孝正: 転移性脳腫瘍治療のスタンダード: JCOG studyを踏まえて-共同研究報告-. 第64回日本脳神経外科学会総会. 2005年10月.
      渋井壮一郎、JCOG脳腫瘍研究グループ: 悪性神経膠腫に対するJCOG脳腫瘍研究グループによる多施設共同試験. 第23回日本脳腫瘍学会. 2005年10月.
      S Shibui, JCOG Brain Tumor Study group: Randomized controlled trial on malignant gliomas by JCOG-Brain Tumor Study Group (JCOG-BTSG). The 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology. Nov 2005.
      渋井壮一郎、宮北康二、大西晶子、他: 星細胞腫grade3/4に対するACNU vs ACNU+PCZによる第II/III相試験(JCOG0305臨床試験). 第30回ニューロオンコロジイの会. 2005年12月.
      S Shibui, The members of JCOG-BTSG: Randomized controlled trial on malignant gliomas by JCOG-Brain Tumor Study. 2006 International Brain Tumor Research and Therapy Meeting. Apr 2006.
      渋井壮一郎: シンポジウム19 悪性脳腫瘍に対する新規治療の展望.悪性脳腫瘍に対する化学療法の展望. 第44回日本癌治療学会総会. 2006年10月.
      渋井壮一郎: 悪性グリオーマに対する化学療法.第25回日本脳腫瘍病理学会.2007年4月.
      渋井壮一郎: 悪性グリオーマ治療のスタンダード. 第27回日本脳神経外科コングレス総会. 2007年5月.
      T Wakabayashi, A Natsume, M Fujii, et al.: Interim report of combination therapy with interferon-beta and temozolomide for malignant glioma (Integra study). XIV world congress of neurological surgery. Aug 2009.
      S Shibui: The result of a clinical trial for malignant gliomas by JCOG-Brain Tumors Study Group. XIV World Congress of Neuro- surgery of The World Federation of Neurosurgical Societies. Sep 2009.
      若林俊彦、渋井壮一郎、他: 悪性グリオーマの標準的治療に向けての国内の臨床試験. 第47回日本癌治療学会. 2009年10月.
      T Wakabayashi: Present and future of management of glioma. 58th annual conference of neurological society of India. Dec 2009.
      T Wakabayashi: Mulitomodal treatment strategy for glioma. The 4th Indian Japa- nese Friendship Neurosurgicla Meeting. Oct 2010.
      若林俊彦、渋井壮一郎: 初発膠芽腫に対するIFN-b+テモダール併用化学放射線療法のランダム化第2相試験(JCOG0911:INTEGRA phase II study). 第69回日本脳神経外科学会学術集会. 2010年10月.
      若林俊彦: 悪性脳腫瘍の治療戦略におけるINTEGRA studyの果たす役割. 第29回日本脳腫瘍病理学会. 2011年5月.
    3. 附随研究等
      その他
    4. 総説・解説
      永根基雄: JSCO University 2011. –Central Nervous System Tumor- Year in Review: Japan. 第49回日本癌治療学会. 2011年10月.
      永根基雄: Treatment strategy for malignant glioma and PCNSL. 第71回日本脳神経外科学会総会. 2012年10月.
      永根基雄: 神経膠腫の標準治療と多施設共同臨床試験. 第32回日本脳腫瘍病理学会. 2014年5月.
      園田順彦、佐藤雄一、齋藤竜太、他: ギリアデル留置の安全性・治療効果について―山形・北里・東北大学における共同調査―. 第20回脳腫瘍の外科学会. 2015年9月.
      中洲庸子、三矢幸一、林央周: 転移性脳腫瘍の新しいガイドライン:集学的治療における意義. 第53回日本癌治療学会学術集会. 2015年10月.
      市川智継: グリオーマ治療の現状と展望(特別講演). Meet the Expert in 岩国. 2015年12月.
      中洲庸子: 転移性脳腫瘍:新ガイドラインと集学的治療. 第36回日本脳神経外科コングレス. 2016年5月.
      園田順彦、隈部俊宏、冨永悌二、他: 悪性神経膠腫におけるカルムスチン留置用剤の治療成績 国内7施設における後方視的多施設共同研究. 第21回日本脳腫瘍の外科学会. 2016年9月.
      園田順彦、柴原一陽、松田憲一朗、他: 悪性神経膠腫におけるカルムスチン留置用剤の治療成績 国内7施設における後方視的多施設共同研究. 第75回脳神経外科学会学術総会. 2016年9月.
      Y Nakasu: Brain Metastases: Treatment options and relevant outcome measures:Surgery. European Society for Medical Oncology Asia 2016 Congress. Dec 2016.
      市川智継、黒住和彦、伊達勲: 中枢神経系原発悪性リンパ腫治療の課題と展望.第37回日本脳神経外科コングレス総会. 2017年5月.
      三矢幸一、中洲庸子、林央周: がんの中枢神経転移「転移性脳腫瘍の治療」. 第37回日本脳神経外科コングレス総会. 2017年5月.
トップへ戻る