JCOGの基本情報 > 研究実績 > 消化器内視鏡グループ

JCOGの基本情報消化器内視鏡グループ

更新日:2015年10月23日

  1. 論文
    1. 委員会承認の治療研究
      なし
    2. グループ代表者管理の治療研究
      なし
    3. 附随研究等
      なし
    4. 総説・解説
      Y Kurokawa, M Muto, K Minashi, et al.: A phase II trial of combined treatment of endoscopic mucosal resection and chemoradiotherapy for clinical stage I esophageal carcinoma: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0508. Jpn J Clin Oncol. 39(10): 686-689, 2009.
      Y Kurokawa, N Hasuike, H Ono, et al.: A Phase II Trial of Endoscopic Submucosal Dissection for Mucosal Gastric Cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0607. Jpn J Clin Oncol. 39(7): 464-466, 2009.
      K Takizawa, A Takashima, A Kimura, et al.: A Phase II Clinical Trial of Endoscopic Submucosal Dissection for Early Gastric Cancer of Undifferentiated Type: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1009/1010. Jpn J Clin Oncol. 43(1): 87-91, 2013.
      滝沢耕平、蓮池典明、小野裕之、他: 未分化型早期胃癌に対する適応拡大に関する多施設前向き臨床試験(JCOG1009/1010). 消化器内科 58(3): 330-336, 2014.
      三梨桂子: Ⅴ 食道がん治療のpractice 5.内視鏡治療後の術後化学放射線療法.ガイドラインには載っていない消化管がんPractical Treatment: 230-233, 2014.
      K Kataoka, I Aoyama, J Mizusawa, et al.: A randomized controlled Phase II/III study comparing endoscopic balloon dilation combined with steroid injection versus radial incision and cutting combined with steroid injection for refractory anastomotic stricture after esophagectomy: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1207. Jpn J Clin Oncol. 45(4): 385-389, Apr 2015.
      T Mizutani, T Tanaka, J Eba, et al.: A Phase III study of oral steroid administration versus local steroid injection therapy for the prevention of esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection (JCOG1217, Steroid EESD P3). Jpn J Clin Oncol. E-Pub, 2015.
  2. 主な学会発表
    1. 委員会承認の治療研究
      蓮池典明、小野裕之、朴成和: 早期胃癌における内視鏡的粘膜切除術の適応拡大に対する第II相試験(JCOG0607)の現況: 第48回日本癌治療学会学術集会. 2010年10月.
      滝沢耕平、小野裕之、蓮池典明、他: 未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の適応拡大に関する第Ⅱ相試験(JCOG-PC907). 第82回 日本胃癌学会総会. 2010年3月.
      滝沢耕平、小野裕之、蓮池典明: 未分化型早期胃癌に対するESDの適応拡大に関する第II相試験(JCOG1009/1010)のプロトコール作成から学んだこと. 第81回日本消化器内視鏡学会総会. 2011年8月.
      蓮池典明、滝沢耕平、小野裕之、他: 未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の適応拡大に関する第Ⅱ相試験(JCOG1009/1010). 第84回 日本胃癌学会総会. 2012年2月.
      土山寿志: 未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の適応拡大に関する 第II 相試験: JCOG1009/1010. 第46回北陸胃癌談話会. 2011年8月.
      滝沢耕平、蓮池典明、小野裕之: 「未分化型早期胃癌に対するESD適応拡大に関する多施設前向き臨床試験 (JCOG1009/1010)」. 第99回 日本消化器病学会総会. 2013年3月.
      小野裕之: 未分化型早期胃癌のESD適応拡大に向けた取り組みと課題. 第99回日本消化器病学会総会. ワークショップ6. 2013年3月.
    2. グループ代表者管理の治療研究
      なし
    3. 附随研究等
      なし
    4. 総説・解説
      T Tsuchida, M Muto, K Minashi, et al.: A phase II trial of combined treatment of endoscopic mucosal resection (EMR) and chemoradiotherapy (CRT) for clinical stage I esophageal squamous cell carcinoma (ESCC): Japan Clinical Oncology Group study JCOG0508. Trials in Progress Poster Session, The 46th ASCO Annual meeting. Jun 2010.
      三梨桂子、武藤 学、朴 成和: 粘膜下層浸潤臨床病期I期(T1N0M0)食道癌に対するEMRと化学放射線併用治療(CRT)の有効性に関する第II相試験(JCOG0508). 第16回日本消化器関連学会週間 食道表在癌の治療戦略. 2008年10月.
      滝沢耕平、武藤 学、三梨桂子、他: Stage I 食道癌に対するEMR+CRTの第Ⅱ相試験 (JCOG0508). 第64回 日本食道学会学術集会. 2010年8月.
トップへ戻る