JCOGの基本情報 > JCOGの組織 > 各種委員会 > 高齢者研究委員会

JCOGの基本情報高齢者研究委員会Geriatric Study Committee: GSC

責務

  • 国内外の高齢者研究の実施状況や方法論の動向を把握し、JCOGの高齢がん患者を対象とした研究の最適化を図る。必要に応じてJCOG運営委員会やグループ会議を通じて各グループへの情報提供を行う。また、高齢がん患者を対象とした研究に関するコンサルテーションを受け、適切な高齢者機能評価ツールや適切な研究デザイン等についてのアドバイスを行う。
  • JCOG研究で実施する高齢者機能評価のデータを横断的に検討し、高齢者機能評価ツールやその運用方法の改善を図る。具体的には、まず、JCOGにおける高齢者研究において共通の高齢者機能評価ツールおよびスクリーニングツールを使用し、それらが有効性や安全性の評価項目と関連するか否かを探索する。その上で、高齢者機能評価ツールまたはスクリーニングツールを用いて適格規準を設定できるか否かを検討する。
  • JCOGの「高齢者を含む研究」において、高齢者機能評価に基づく暦年齢以外の適格規準の設定方法の確立を目標とする。

名簿

高齢者研究委員会名簿
  氏名 医療機関名
委員長

長島 文夫

杏林大学医学部

副委員長

濱口 哲弥

埼玉医科大学国際医療センター

委員

小川 朝生

国立がん研究センター東病院臨床開発センター

田代 志門

国立がん研究センター社会と健康研究センター

事務局長

水谷 友紀

国立がん研究センター中央病院臨床研究支援部門

JCOG齢者研究ポリシー

ご利用に際して
JCOGに所属しない研究者であっても、本ポリシーを参考にすることは自由であり、JCOGの許諾は不要です。ただし、無断転用、転載は禁じます。
トップへ戻る