[JCOGの基本情報] JCOGの組織 - 食道がんグループ:日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG:Japan Clinical Oncology Group)

JCOGの基本情報食道がんグループJapan Esophageal Oncology Group:JEOG

  • グループ代表者:北川雄光(慶應義塾大学医学部)
  • グループ事務局:加藤健(国立がん研究センター中央病院)
  • 主任研究者:北川雄光(慶應義塾大学医学部)
    加藤健(国立がん研究センター中央病院)
    坪佐恭宏(静岡県立静岡がんセンター)
    大幸宏幸(国立がん研究センター中央病院)
  • グループ代表委員:小島隆嗣(国立がん研究センター東病院)
    大幸宏幸(国立がん研究センター中央病院)
    伊藤芳紀(昭和大学病院)
    本間義崇(国立がん研究センター中央病院)
    小柳和夫(東海大学医学部)
    浜本康夫(慶應義塾大学医学部)
    川久保博文(慶應義塾大学医学部)
    市村崇(がん研究会有明病院)
    中川悟(新潟県立がんセンター新潟病院)
    對馬隆浩(静岡県立静岡がんセンター)
    小川洋史(静岡県立静岡がんセンター)
    山﨑誠(大阪大学医学部)
  • 設立:1978年

※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。

概要

食道がんグループは、JCOGの母体となったがん研究助成金「がんの集学的治療の研究」班が、1978年に発足した当初から、その後のJCOGの立ち上げを経て30年以上にわたり、がんの臨床試験を継続してきた息の長い研究グループです。
進行食道がんは、その生物学的特性と解剖学的制約のために、外科手術のみでは治癒が困難な癌です。そのため、手術のみならず化学療法、放射線療法などを合理的に組み合わせる集学的治療により、治療成績の向上を目指してきました。
食道がんグループは、その時代時代の標準治療を検証し確立するために、主として手術補助療法の6つのランダム化比較試験(RCT)を継続してきました。また、化学放射線療法や、切除不能・再発例に対する化学療法のRCT、手術手技の比較試験も行っています。
現在は、北海道から九州までの51施設が参画し、多施設共同研究を展開しています。

研究のあゆみ

食道がんグループがスタートした1978年当時は、現在のようなEvidence Based Medicineという概念は希薄で、術前照射(放射線治療)が広く行われていました。
従って第1次研究(1978~81年)では、術前30Gy照射+テガフール座剤と、30Gy照射+ブレオマイシンとのRCTを行い、術前30Gy照射+テガフール座剤の生存割合がやや良好で、副作用も少ないという結果が得られました。
しかし、術前照射が術後生存期間の向上に寄与しているか否かの議論には明確な解答はなく、第2次研究(1981~84年)として術前・後照射(30+24Gy)と、術後照射(50Gy)とのRCT(JCOG8201)を行いました。生存期間中央値は術後照射群が良好であり、その結果、本邦での補助療法の実施時期は、80年代以降、術前から術後に移行しました。
80年代前半より、本邦でも食道がんに対する化学療法としてシスプラチンが広く使われるようになり、第3次研究(1984~87年)として術後照射(50Gy)と、術後化学療法(シスプラチン+ビンデシン)とのRCT(JCOG8503)を行いました。両療法による生存期間には明らかな差は認められず、それまで標準治療として本邦で広く行なわれてきた50Gyの術後照射と、同等の効果を示すことが証明されました。
この頃より食道がん手術の補助療法に、放射線療法よりも化学療法が選択される時代へと移行してゆきました。
第3次研究の頃より、外科手術の質の向上、特にリンパ節郭清の精度が上がりました。そこで第4次研究(1988~91年)では、手術単独に対して術後補助化学療法が、生存期間の延長効果を発揮するか否かをRCT(JCOG8806)で比較検討した結果、両療法の生存期間の間に明らかな差は認められませんでした。
しかし食道がんに対してより有効な抗がん剤は、シスプラチン+ビンデシンに代わって、シスプラチン+5-FUであることが判明しました。そこで第5次研究(1992~97年)として、手術単独と術後化学療法(シスプラチン+5-FU)とのRCT(JCOG9204)を行った結果、術後化学療法による再発予防効果が認められ、手術単独ではなく手術+術後化学療法が標準治療となりました。
抗がん剤の投与方法として、術後ではなく術前に投与する術前補助化学療法があります。そこで手術の前後どちらに抗がん剤を投与すべきかを検討するために、第6次研究(2000~06年)として、術後化学療法(シスプラチン+5-FU)と、術前化学療法とのRCT(JCOG9907)を行いました。その結果、術前化学療法による生存期間延長が認められ、術後よりも術前投与が標準となりました。
現在は、標準治療となった術前化学療法(シスプラチン+5-FU)に対して、より強力な術前化学療法(シスプラチン+5-FU+ドセタキセル)、あるいは術前化学放射線療法(シスプラチン+5-FU+放射線療法)の効果が優れているかどうかを検証する試験(JCOG1109:_略称NExT)を実施中です。
また、手術手技についても、近年急速に胸腔鏡下食道切除術が行われるようになり、従来行われてきた開胸による食道切除術よりも、患者さんの負担をより軽減できる可能性が出てきました。そこで切除可能な食道がんの患者さんを対象に、胸腔鏡下手術と、開胸手術を比較する試験(JCOG1409:_略称MONET)を実施しています。

これまでに述べてきた、手術が可能な食道がんに対する補助化学療法の研究の他に、90年代後半より急速に普及してきた、化学放射線療法(化学療法と放射線療法との併用)の有効性を進行度の異なる食道がんに対して検証してきました。
まず切除が不可能な高度の進行がんに対する有効性と安全性を検討し(JCOG9516)、高度の進行がんには姑息的な手術よりも、化学放射線療法が第一選択となりました。
また、化学放射線療法の投与方法による比較を行い、連日抗がん剤を少量投与する方法よりも、4週間毎にまとめて投与する方法のほうが、よりよい治療であるという結論を導きました(JCOG0303)。
現在、切除が困難と思われる局所進行食道がんに対して、強力な化学療法(シスプラチン+5-FU+ドセタキセル)を行った後に、化学放射線療法あるいは手術を行うのがよいのか、それとも最初から化学放射線療法を行う方がよいのかを比較する試験(JCOG1510_:略称TRIANgLE)を実施中です。
逆に深達度の浅い小さな早期のがんに対する化学放射線療法の効果をみたところ(JCOG9708)、これまで行ってきた手術に匹敵すると思われる成績が認められました。そこで現在は、手術あるいは化学放射線療法のどちらが標準となるかの検証(JCOG0502)を進めています。
また、手術可能ながんに対しても、食道の温存が可能な化学放射線療法をまず行い、がんが残った場合、あるいは再発した場合に手術を行う戦略で、手術に匹敵する生存期間が認められるかどうか検証しました(JCOG0909)。その結果、先に化学放射線療法を行っても、十分に良好な治療成績が示せることがわかりました。また、放射線治療後に行う救済手術も安全かつ有効に行えることを示しています。
遠隔転移を持つ食道がんや、再発した食道がんに対しては、20年前より5-FUとシスプラチンという薬剤の組み合わせが用いられてきました。食道がんグループでも、JCOG8807やJCOG9407で、いくつかのスケジュールや投与量の異なる5-FUとシスプラチンの併用療法を検討してきました。
その後、5-FUとシスプラチンにドセタキセルという薬剤を併用すると治療効果が上がるが、毒性も増えることが報告されました。そこで食道がんグループでは、ドセタキセルを2週間毎に分割投与することで、有効性を維持したまま毒性を軽減できることを示しました(JCOG0807)。
現在は、遠隔転移をもつ進行再発食道がんに対して、5-FUとシスプラチンの併用療法と、それにさらにドセタキセルを併用した治療の生存期間を比較する試験(JCOG1314_:略称MIRACLE)を行っています。
比較的まれな腫瘍である神経内分泌細胞がんは、食道、胃、大腸、膵臓、胆道、肝臓などの臓器に発生することが知られています。食道がんは、95%が扁平上皮癌という組織型であり、神経内分泌細胞がんは、わずか数%しかなく、治療法も決まったものはありませんでした。JCOGでは、肝胆膵、胃がん、食道がんの3グループが共同で、まれながんである神経内分泌細胞がんに対して、イリノテカン+シスプラチン療法がよいのか、エトポシド+シスプラチン療法がよいのかを比較する臨床試験(JCOG1213_:略称TOPIC-NEC)を行っています。

今後の展望

食道がんグループは、これまでの研究の膨大なデータをもとに、臨床での疑問に答えを出すべく、さまざまな解析を行い、成果として発表しました。15もの論文が、食道がんガイドライン2017年4月版に引用され、実際の臨床現場において用いられています。
今後も内視鏡治療、手術療法、放射線療法、化学療法の専門家集団として、集学的治療を用いて、よりよい食道がん治療の開発を行っていく予定です。
化学放射線療法の照射領域の最適化を検証する臨床試験や、多彩な背景を持つ高齢の患者さんにとって、どのような治療が最適なのかを調べるための研究を計画中です。また、食道がんでは未承認の免疫療法を用いた医師主導治験など、今後も様々な試みを継続して行っていく予定です。

※グループ活動の紹介文は、2018年7月に更新したものです。

試験一覧

更新日:{edit}

データを読み込み中です

データを読み込み中です

データの読み込みに失敗しました
適合件数:{ds_RowCount}
試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

{studyno}

{type}

{studyname}

該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

現在この条件に合う登録情報はありません。

トップへ戻る