JCOGの基本情報リンパ腫グループLymphoma Study Group:LSG

  • グループ代表者:永井宏和(国立病院機構名古屋医療センター)
  • グループ事務局:丸山大(国立がん研究センター中央病院)
  • 主任研究者:塚崎邦弘(埼玉医科大学国際医療センター)
    丸山大(国立がん研究センター中央病院)
    永井宏和(国立病院機構名古屋医療センター)
    石澤賢一(山形大学医学部)
  • グループ代表委員:山口素子(三重大学医学部附属病院)
    石澤賢一(山形大学医学部)
    石塚賢治(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院)
    棟方理(国立がん研究センター中央病院)
    宮崎香奈(三重大学医学部)
    古林勉(京都府立医科大学)
    福原規子(東北大学病院)
    楠本茂(名古屋市立大学病院)
    福島卓也(琉球大学)
  • 設立:1978年

    ※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。
    ※主任研究者に関する詳しい情報は、共同研究班一覧をご覧ください。

沿革と概要

JCOGリンパ腫グループ(LSG)は、1978年度に始まった厚生省がん研究助成金指定研究「がんの集学的治療の研究」班の開始時より活動を始めた研究グループで、40年以上の歴史があります。
悪性リンパ腫をはじめとするリンパ系腫瘍は、化学療法に高い効果を示します。リンパ系腫瘍に対する標準的化学療法の確立のため、リンパ腫グループはこれまで34の臨床試験を実施し、リンパ系腫瘍の標準治療確立に貢献してきました。対象としている疾患は、非ホジキンリンパ腫(成人T細胞白血病/リンパ腫:ATLを含む)、ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫です。

研究のあゆみと主な成果

リンパ腫グループの最初の多施設共同研究は、非ホジキンリンパ腫を対象としたVEPA療法に関する第II相試験(JCOG7801)です。続いて、VEPA療法とVEPAM療法を比較する第III相試験(JCOG8101)を行いました。当時開始した病理中央診断は、その後のリンパ腫に対する多施設共同研究に必須となり、病理診断の質向上に寄与すると共に、現在、各臓器がんで行われている病理中央診断へと発展しました。
リンパ腫グループは、治療研究と共に、成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)の臨床研究を積極的に推進し、数々の疫学研究の成果や、病因ウイルスの発見(HTLV-1)、病型分類の提唱など、多くの世界的な研究成果をあげてきました。

  • 非ホジキンリンパ腫(NHL:Non-Hodgkin lymphoma)
  • 進行期中高悪性度非ホジキンリンパ腫に対する3週1コースのCHOP-21療法と、2週1コースのCHOP-14療法の比較試験(JCOG9809)では、CHOP-14群の無増悪生存期間(PFS)がCHOP-21群を上回らず、中高悪性度非ホジキンリンパ腫における治療間隔を短縮するdose-dense化学療法に有用性がないことを示しました。
    その後、分子標的薬であるリツキシマブ(抗CD20モノクローナル抗体)を組み入れた治療開発が進み、進行期のインドレントB細胞非ホジキンリンパ腫に対し、リツキシマブ(R)とCHOP療法の併用化学療法(R-CHOP-21)と、G-CSFを併用することによるdose-dense化学療法であるR-CHOP-14を比較した試験(JCOG0203)では、dose-dense化学療法の有用性は認められず、R-CHOP-21療法が標準治療であることを報告しました。長期フォローにより本疾患の長期予後と二次がんなどの晩期毒性を明らかにするべく追跡を続けています。
    現在、インドレントB細胞非ホジキンリンパ腫の主な病型である濾胞性リンパ腫の低腫瘍量の患者さんに対して、リツキシマブの導入時期の最適化を検討する試験(JCOG1411)を行っています。
    中高度悪性度非ホジキンリンパ腫の代表的病型である、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対するR-CHOP療法のリツキシマブ至適投与法を確立するためのランダム化第II/III相試験(JCOG0601)では、リツキシマブの投与法による効果の違いは認められないことを明らかにしました。
    また、高リスクDLBCLに対する自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法のランダム化第II相試験(JCOG0908)では、大量化学療法前の導入療法としてR-CHOP-14が推奨される治療法であることを報告しました。
    非ホジキンリンパ腫の一病型であるマントル細胞リンパ腫に対する第II相試験(JCOG0406)では、若年者に対する自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法の有効性と安全性を検討しました。
    また、限局期NK/T細胞リンパ腫に対する放射線治療と化学療法の同時併用療法の第I/II相試験(JCOG0211DI)では、同療法が安全に実施可能で、従来の放射線治療単独に比べて、生存期間延長に寄与することを明らかにしました。

  • 成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL:adult T-cell leukemia-lymphoma)
  • アグレッシブATLに対するLSG15多剤併用療法(JCOG9303)は、生存期間中央値が世界で初めて1年を超え、LSG15とCHOP-14とのATLに対する世界初の比較試験(JCOG9801)の結果から、LSG15はCHOP-14より優れており、ATLに対する標準治療となりました。現在、アグレッシブATLに対する同種造血幹細胞移植療法の非ランダム化検証的試験(JCOG0907)、インドレントATLに対するインターフェロンαとジドブジンの併用療法と、標準治療であるWatchful waiting療法のランダム化第III相試験(JCOG1111)を行っており、極めて難治性であるATLの予後の改善に取り組んでいます。

  • ホジキンリンパ腫(HL:Hodgkin lymphoma)
  • ホジキンリンパ腫に対して行ったC-MOPP/ABVD療法(JCOG8905)と、ABVD療法(JCOG9305)の治療成績は、欧米のMOPP/ABVD療法やABVD療法に比べても遜色なく、わが国の標準治療となり、ダカルバジンのHLの公知申請・薬事承認に貢献しました。現在、進行期の患者さんに対して治療中間PET検査により層別化治療をおこなう試験(JCOG1305)を行っています。本試験により本邦における進行期ホジキンリンパ腫の標準療法の確立を目指します。

  • 多発性骨髄腫(MM:Multiple Myeloma)
  • 2018年に再発多発性骨髄腫に対するボルテゾミブとサリドマイドを比較するランダム化第II相試験(JCOG0904)の結果が報告されました。1年PFSの比較で、ボルテゾミブがサリドマイドと比べ有効であることが明らかになりました。また、大量化学療法の適応とならない未治療骨髄腫患者に対する標準治療として確立しているMPB療法の、本邦での最適化を検討する第II相比較試験(JCOG1105)では、治療初期のボルテゾミブの投与スケジュールと、累積投与量が治療成績に影響することを、世界で初めて前向き試験のデータとして示しました。

    今後の展望

    リンパ系腫瘍は、進行期でも治癒可能なものがある反面、治療が困難な病型も少なくありません。新規薬剤も積極的に取り入れ、今後も高水準の臨床研究に基づいた標準治療確立を推進していきます。また、患者会と研究グループ間で十分に情報を共有し、臨床研究の開発段階から患者さんに参画頂きます。そして、リンパ系腫瘍の発症原因や悪性度に関わる遺伝子、副作用の出現に関わる遺伝子の解析などJCOGバイオバンクとの共同研究を行い、臨床に還元できる基礎研究を展開していきます。

    ※グループ活動の紹介文は、2018年11月に更新したものです。

    試験一覧

    更新日:{edit}

    データを読み込み中です

    データを読み込み中です

    データの読み込みに失敗しました
    適合件数:{ds_RowCount}
    試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

    {studyno}

    {type}

    {studyname}

    該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

    現在この条件に合う登録情報はありません。

    トップへ戻る