JCOGの基本情報 > JCOGの組織 > 研究グループ > 放射線治療グループ

JCOGの基本情報放射線治療グループRadiation Therapy Study Group:RTSG

  • グループ代表者:西村恭昌(近畿大学医学部附属病院)
  • グループ事務局:伊藤芳紀(国立がん研究センター中央病院)
  • 主任研究者:秋元哲夫(国立がん研究センター東病院)
    永田靖(広島大学病院)
  • グループ代表委員:石倉聡(名古屋市立大学大学院)
    古平毅(愛知県がんセンター中央病院)
    二瓶圭二(がん・感染症センター都立駒込病院)
    鹿間直人(順天堂大学医学部附属順天堂医院)
    西尾禎治(東京女子医科大学)
    坂中克行(京都大学)
    太田陽介(兵庫県立がんセンター)
    木村智樹(広島大学病院)
    戸板孝文(沖縄県立中部病院)
  • 設立:2003年

※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。
※主任研究者に関する詳しい情報は、共同研究班一覧をご覧ください。

はじめに

放射線治療は手術や抗がん剤とともに、がん治療における三本柱の一つとして使われています。身体への負担が少なく臓器の形や機能の温存が可能なこと、また社会の高齢化とともに生活の質を大切にする患者さんが増えたこともあり、放射線治療を必要とする患者さんの数は年々増えています。
我が国では欧米に比べがん治療で放射線治療が行われる割合が低いといわれており、2007年に決められた国の「がん対策推進基本計画」では、放射線治療を推進・普及することが重要課題の一つとして取り上げられましたが、2012年に新たに策定された「がん対策推進基本計画」においても、質の高い安全な放射線治療の推進がうたわれています。私たちも、より治療効果が高く有害事象の少ない革新的な放射線治療の開発・推進・普及を図ろうと日々努力を重ねています。

研究の歴史

JCOG放射線治療グループは2003年、厚生労働省の厚生労働科学研究費補助金「効果的医療技術の確立推進臨床研究事業」による「先進的高精度三次元放射線治療による予後改善に関する研究」班(主任研究者:平岡眞寛)を母体として設立され、平岡眞寛が初代グループ代表に就任しました。2004年には「T1N0M0 非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療第II相試験(JCOG0403)」として、先端放射線治療であるいわゆる「ピンポイント照射」の効果と安全性を評価する臨床試験を開始しました。また、安全で質の高い放射線治療の実施に欠かせない品質管理・品質保証システムの確立のため、アメリカやヨーロッパの公的研究グループと連携し、品質管理・品質保証システムのグローバルスタンダード確立に向けた共同プロジェクトに参加しています。
2005年には厚生労働省がん研究助成金「放射線治療期間の短縮に関する多施設共同臨床試験の確立に関する研究」班(主任研究者:加賀美芳和)が、2008年からは厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業による「高精度治療技術による低リスク高線量放射線治療に関する臨床研究」班(研究代表者:白土博樹)および厚生労働省がん研究助成金指定研究「放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究」班(主任研究者:平岡眞寛)が加わり、複数の研究班からなる多施設共同臨床試験グループとなりました。
2011年からは、厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業による「頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究」班(研究代表者:西村恭昌)および国立がん研究センターがん研究開発費「放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究」班(主任研究者:伊藤芳紀)により、2014年からは、国立がん研究センターがん研究開発費「成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究」班(主任研究者:飛内賢正)およびAMED研究費:革新的がん医療実用化研究事業「頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究」班(研究開発代表者:西村恭昌)により研究を実施しました。
2016年から、西村恭昌がグループ代表となり、また新たな研究費としてAMED研究費:革新的がん医療実用化研究事業「切除可能肝細胞癌に対する陽子線治療と外科的切除の非ランダム化比較同時対照試験」班(研究開発代表者:秋元哲夫)および、国立がん研究センターがん研究開発費「陽子線治療を用いた多施設臨床試験実施体制確立に関する研究」班(主任研究者:秋元哲夫)が加わりました。

これまで実施したあるいは計画中の臨床試験

上記のJCOG0403では、特に高齢の患者さんに対して、手術が可能な場合でも有用な治療選択肢となることが分かりました。その後「T1-2N0M0 声門癌に対する放射線治療の加速照射法と標準分割照射法のランダム化比較試験(JCOG0701)」として、早期の喉頭癌に対して治療期間を短くした放射線治療の効果と安全性を評価する臨床試験、その附随する研究として「声門癌放射線治療後の急性粘膜炎および音声機能の変化に関与する遺伝子多型の解析研究」を実施しました。その他、「手術不能または高齢者手術拒否T2N0M0非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療第I相試験(JCOG0702)」、「乳房温存療法の術後照射における短期全乳房照射法の安全性に関する研究(JCOG0906)」などを行い、報告してきました。さらには先進的放射線治療である強度変調放射線治療の有効性と安全性を評価する「上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の多施設共同第II相臨床試験(JCOG1015)」も登録を終え、現在経過観察中です。現在登録中の試験は、「T1-2N0-1M0中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の多施設共同非ランダム化検証的試験(JCOG1208)」および「臨床病期IA期非小細胞肺癌もしくは臨床的に原発性肺癌と診断された3cm以下の孤立性肺腫瘍(手術不能例・手術拒否例)に対する体幹部定位放射線治療のランダム化比較試験(JCOG1408)」の2試験ですが、頭頸部がんグループの臨床試験(JCOG1008, JCOG1212)にもIMRTの品質管理で協力しています。
現在、「切除可能肝細胞癌に対する陽子線治療と外科的切除の非ランダム化比較同時対照試験」のプロトコールを作成中で、今後は粒子線治療の臨床試験も実施していく予定です。また、婦人科腫瘍グループと共同試験として「子宮頸癌術後再発高リスク群に対する強度変調放射線治療(IMRT)を用いた術後同時化学放射線療法の多施設共同非ランダム化検証的試験」の実施も計画しています。

今後の展望

Information Technology(IT)技術が進歩し、放射線治療もこれまでの二次元的な手法から三次元/四次元放射線治療(3D/4D-CRT)へと、また定位放射線治療(SRT)、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、粒子線治療などの先進的な治療技術へと急速に高度化が進んでいます。私たちはこれらの先進的技術の有効性を科学的に評価しつつ、今後はさらにJCOGの各研究グループと共同で先進的放射線治療に手術や抗がん剤を組み合わせた集学的治療の評価も行い、日常診療において高精度放射線治療が多くの患者さんに標準治療として提供されることを願っています。

※グループ活動の紹介文は、2016年4月に更新したものです。

試験一覧

更新日:{edit}

データを読み込み中です

データを読み込み中です

データの読み込みに失敗しました
適合件数:{ds_RowCount}
試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

{studyno}

{type}

{studyname}

該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

現在この条件に合う登録情報はありません。

トップへ戻る